ニューヨークジャズ通信/ジャズの本場ニューヨークからホットな情報をお届けします。

山本恵理がお届けするN.Y. Jazz通信(2006/09/15)

山本恵理(ピアニスト)
大阪府出身
ニューヨーク在住10年。毎年春秋は帰国ツアーを行っている。
現在ニューヨークで新進ピアニストとして注目を浴びている。
山本恵理公式サイト:http://www.eriyamamoto.com/

皆さん、こんにちは!
お久しぶりです。今年の夏はいつになく忙しく、あっと言うまでした。
newアルバム "Cobalt Blue"も御陰さまで好評発売中です。
ところで、私のホームページが新しくなりました!
www.eriyamamoto.com
です。ライブ会場での様子等、沢山の写真を掲載していますので、是非見て下さい。

ブルックリンが面白い!

マンハッタン島からイーストリバーを超えた南東に位置するブルックリン。最近では、ブルックリンの家賃もかなり上昇してしまいましたが、マンハッタンと比べればまだまだリーズナブル。おしゃれなお店、レストランも続々とできています。ライブが楽しめる場所も、ちらほら出てきました。今回はその中でも注目の2スポットを紹介。

まず最初はPark Slobeにある Barbès/バルベス。

park slope周辺は、ジャズミュージシャンも多く住んでいます。私が訪れた日は、毎週火曜日に出演している SLAVIC SOUL PARTY/スラビック ソールパーティーのライブ。パーカッショニスト Matt Moranが率いるこのバンド、ノリノリです。バルカン音楽とアメリカ音楽の融合とでもいいましょうか。
パーカッション、ホーンにアコーディオンも加わって、かなり楽しめました!
http://www.barbesbrooklyn.com




2件目はWilliamsburgにある Zebulon/ゼビュロン。
元々この辺りは倉庫街でした。今でもその名残はありますが、おしゃれなレストラン、クラブが点在しています。思わぬところに凄い人だかりを見つけて、びっくりしてしまいます。このZebulonも例に漏れず、内装がとてもかっこいいです。Jazzのみならず、World Musicののライブも楽しめます。私も先日初めて、Daniel Carter(Horns)のバンドでライブをしました。お店の雰囲気に加え、オーナー&スタッフもとてもいい方々でした!食事もおいしそうでしたよ。
http://www.zebuloncafeconcert.com/


Roccella Jazz Festival in Italy !


バックに見えるのがロッチェラ城
先日、William Parker "Raining on the Piano"バンドのメンバーとして、イタリアのロッチェラ Jazz Festivalに出演してきました!
出発直前まで、シシリー地方にいくと聞かされていた私。実は本土最南端ブーツつま先の底、カラブリア州が目的地でした!イタリア人でもなかなか訪れない場所だそうで、全く観光化されていません。見渡す限りのオリーブの木々、地中海の澄み渡る青。素晴らしかったです!
地元の人たちは大抵平日8時から仕事を開始、1時〜5時は昼休み、8時まで働いてそのあとはひたすらナイトライフを楽しむそうです。平日夜2時でもカフェ、レストランはどこも人でいっぱいでした。皆さん、ほんとうにびっくりするほどゆったりとしています。
フェスティバルは古城を目の前に屋外ステージが組まれ、満員の会場。独特で幻想的な空間で演奏することが出来ました!

リハーサル風景

リハーサル風景


また次回をお楽しみに!
山本恵理

ではまた次回をお楽しみに!
<< back | next >>
バックナンバー
JAZZ・ON TOP