ニューヨークジャズ通信/ジャズの本場ニューヨークからホットな情報をお届けします。

山本恵理がお届けするN.Y. Jazz通信(2006/04/18)

山本恵理(ピアニスト)
大阪府出身
ニューヨーク在住10年。毎年春秋は帰国ツアーを行っている。
現在ニューヨークで新進ピアニストとして注目を浴びている。
山本恵理公式サイト:http://www.eriyamamoto.com/

5/20(土)・21(日)
山本恵理(P)帰国ライブ@JAZZ・ON TOP

New CD Album『Cobalt Blue』完成記念!先取りライブin JAPAN!!
ニューヨークを中心に世界で活躍するピアニストが再びトリオで登場!!

春ですね!

前略
皆さん、お元気ですか。
4月に入り、NYの日差しも輝いています。春ですね。
New Album “CobaltBlue" (Thirsty Ear Recordings)のマスタリングも,もうすぐ完了です。
発売は、7/18になりそうです。今回の5月日本ツアーには残念ながら間に合いませんが、新曲も含む盛りだくさんのライブになるとおもいます。
イギリスのjazz festivalを終えたばかりのエネルギーをお伝えできれば、と思っています!

New Album"Cobalt Blue"のレコーディングにて
後列左:Peter Gordon; プロデューサー, 右:Jim Clouse;エンジニア(Park West Studio, Brooklyn, NY)
前列:Dave Ambrosio : bass, 竹内イクオ:drums


ウイリアム パーカー クインテット@THE STONE in NYC

今年に入り、色々なユニットのサイドマンとしての活動も多くなってきました。
これは、ベーシスト;william Parker Quintetのメンバーとして先日演奏した一コマ。2セット入れ替えにも関わらず、超満員。床に座って聴く方も沢山おられました。
特に1曲目の williamのオリジナル曲"DC, DC, DC"は、演奏する側からしても、内容の濃いものだったように思います。
当日、jazz musicianのpaintingで有名な画家、jeff schlanger氏が当日の演奏を一枚の絵に仕上げました。"FRED'S DCs"というタイトルです。
彼のウエブサイトはhttp://www.musicwitness.com/です。一度、覗いてみて下さい。
Lewis Barns;Tp, Rob Brown;Asax, William Parker;Bass, Hamid Drake;Drums
写真提供:Peter Gannushkin
URL: http://downtownmusic.net/


新名所、BIG APPLE JAZZ in Harlem!

今年3月、新しくハーレムのど真ん中にオープンしたBIG APPLE JAZZです。私も3、4月と日曜午後のジャムセッションホストをさせてもらいました。
入り口に張ってある大きなMiles Davisのポスターが目印です。入って直ぐはショップになっていて、jazzにちなんだ絵、写真、本、CD、Tシャツ、グッズなどが売られています。
見ているだけでもなかなか楽しいですよ。奥のスペースでは、毎日いろいろなコンサートがやっています。
詳しくはhttp://www.bigapplejazz.com をご覧下さい。


ピアニスト;FRED HERSCHに注目

先日カーネギーホールの別館、weil リサイタルホールでおこなわれたその名もズバリ ”Jazz Piano”というコンサートにいってきました。
6人のジャズピアニストがソロ、デュオで演奏しましたが、なかでもフレッド ハーシュのソロが印象的でした。特に彼が奏でるバラードは印象派の絵を見るようで、非常に美しく繊細、心を動かされました。いい時間を過ごせました。


次回はイギリスでのfestivalの様子もお伝えできると思います。
おたのしみに!
山本恵理

ではまた次回をお楽しみに!
<< back | next >>
バックナンバー
JAZZ・ON TOP